おすすめのマネタイズ方法は?Google AdsenseとASPの違いとは?

ブログアフィリエイトを行う場合は、広告の活用方法を選ばなければいけません。

一般的にはGoogle AdsenseとASPの2つのタイプが有名なので、初心者ならばどちらからか選ぶことを考えましょう。

こちらではGoogle AdsenseとASPのマネタイズ方法の違いを説明するため、ブログアフィリエイトを成功させるためのお手伝いが少しでもできるのなら幸いです。

Google AdsenseとASPの登録方法の違いを知ること

Google AdsenseとASPのどちらかをやりたいと考えた場合、最初に登録方法を知りましょう。

まず、Google Adsenseは誰でも登録できるというわけではなく、Googleの審査に通らなければいけません。

コンテンツの内容やアクセス数など、いろいろな条件(詳しくは公開されていません)があるので、それをクリアしてやっとGoogle Adsenseを利用できるようになります。

審査に1度落ちたからといって諦める必要はなく、何度でも審査に申し込めるので絶対に使いたいと考えるのならチャレンジしてみましょう。

そして、ASPのほうはアフィリエイトの広告主をユーザーに紹介するサービスで、基本的に誰でも登録できるようになっています。

ただし、中身がないブログでは広告主によっては申請したときに断られることもあるので、きちんとしたコンテンツは必要になると考えましょう。

ちなみにASPはGoogle Adsenseのように1つのサービスを示す名称ではありません。

A8.netやバリューコマースなど、いろいろなASPがあるので自分にあったものを選びましょう。

Google Adsenseは、ひたすらアクセスを集めることが収益化の鍵

Google Adsenseを活用しようと考えたのなら、人のためになったり楽しませたりして、ひたすらアクセスを集めるブログを作りましょう。

ブログを訪問してくれた方が、表示されている広告をクリックすることで報酬が発生するのでアクセス数が多ければ多いほど収益に繋がります。

表示する広告に合った訪問者を集めなければ意味がないと感じるかもしれませんが、それは考える必要はありません。

なぜならば、Google Adsenseが訪問者にぴったりの広告を表示させるため、ブログの運営者は何もする必要はないのです。

なお、Google Adsenseは審査も厳しいですが、ブログの運営にも目を光らせているので注意しなければいけません。

炎上目的のコンテンツを作ればアクセスは集められるかもしれませんが、ほぼ間違いなくGoogle Adsenseは停止されるでしょう。

炎上目的ではなくても、取り扱ってはいけない禁止コンテンツがあるので、きちんと把握したうえでブログを運営することが大切です。

ASP型アフィリエイトは、広告を成約させることが大事

ASPではさまざまある広告の中から、自身が売りたいと思えるアイテムを選ぶことができます。

浄水器だったりモニターアームだったり、いろいろな種類のアイテムがあるので、まずは選定から始めましょう。

そして、選んだアイテムを売るための文章をブログに掲載する必要があります。

例えば、競馬の話題をブログでしているのに、浄水器の広告を貼り付けたとしても売れる可能性は低いです。

売りたいものに合ったコンテンツを用意して、訪問者の購買欲をしっかりと高め広告主のアイテムを買ってもらいましょう。

なお、選んだアイテムによってはGoogle Adsenseよりも報酬がずっと高いです。

そのため、少ないアクセス数でも契約をしてもらうことさえできれば、高い報酬を得ることが可能です。

単価の高いジャンルもあるので、得意分野があるのなら初心者でも効率よく稼げる可能性があります。

両方を併用することも可能

Google AdsenseとASPは、どちらか1つを利用しなければいけないというわけではありません。

両方を併用してブログアフィリエイトを行うことも可能です。

実際に2つのサービスを使って、ガンガンと稼いでいるブログアフィリエイターも存在しています。

ただし、Google AdsenseとASPでは作るべきブログの方向性が異なるため、併用するとどっちつかずの状態になって、両方ともうまくいかないケースもあるので気をつけなければいけません。

単独と併用のどちらが正解というわけでもないので、自信があるのならチャレンジしてみましょう。