WordPressのおすすめのプラグインをご紹介

「WordPress」の特長は、基本機能がシンプルで使いやすく、プラグインを導入することで自由にカスタマイズできることです。

ただ、プラグインにはかなりの数があり、初めはどれを使えば良いのか迷ってしまいますよね。

今回は、安全性や集客の面から必要不可欠なプラグインと、快適なブログ作りにおすすめのプラグインをご紹介します。

日本語のバグ対策に「WP Multibyte Patch」とバックアップができる「BackWPup」

「WP Multibyte Patch」は、日本語のバグ防止対策のプラグインです。

もともと「WordPress」はアメリカで開発されたソフトなので、半角文字の英語表示を基準に作られています。

そのため、日本語の平仮名や漢字のような全角文字を使うと、不具合を起こす可能性があるのです。

たとえば、全角文字の文字数が正確にカウントされない、全角スペースが認識されない、全角文字で名前を付けた画像ファイルがアップロードできないなどのトラブルを、事前に回避することができるので、日本語でブログを作成する際には、必ずインストールして有効化しましょう。

「BackWPup」は、「WordPress」のバックアップができるプラグインです。

画像ファイルなどのサーバー上のデータはもちろん、コメントや管理画面などのデータベース上のファイルまで、全てバックアップできるので便利です。

バックアップの頻度やスケジュールは設定できるので、アクセス数が少なめな深夜に自動バックアップを設定することも可能です。

サーバー障害でデータが消失するなどのトラブルを回避する為に、ぜひとも入れておきたいプラグインです。

検索エンジン対策「Google XML Sitemaps」と閲覧者対策「PS AUTO SITEMAP」

ブログアフィリエイトは、何より多くの人に閲覧してもらうことが重要です。

ここでは、ブログを検索エンジンに反映し、閲覧者を目的の記事に呼び込むために必要なプラグインをご紹介します。

「Google XML Sitemaps」は、クローラー向けのサイトマップです。

「sitemap.xml」のファイルを設置することで、クローラーにブログの構造や内容を解りやすく伝え、検索エンジンに反映されやすくします。

記事を更新するだけで、サイトマップも自動的に更新されるので、専門的な知識がなくても使うことができます。

「PS AUTO SITEMAP」は、閲覧者向けのサイトマップです。

このサイトマップは、ブログの記事の前などに固定して置くコンテンツの一覧表のことで、閲覧者が目的のページを探しやすくなるメリットがあります。

記事を更新すると、その記事のタイトルとリンクも自動的に作成されるので、手動で作る手間や、更新し忘れるミスも防げて便利なプラグインです。

お問い合わせフォーム「Contact Form 7」と文字装飾に便利な「Tiny MCE Advanced」

「Contact Form 7」は、手軽に作れるお問い合わせフォームのプラグインです。

お問い合わせフォームには、ブログ運営者と閲覧者を繋ぐだけでなく、サイトの信頼性を上げる役割もあります。

なぜなら、ブログは匿名で運営することが多く、個人情報を載せないものが多いからです。

特に「Googleアドセンス」などの広告収入を得る場合には、審査で合格する必要があり、お問い合わせフォームの設置は一つの要となっています。

作成できるメールフォームは、名前、メールアドレス、本文のみのシンプルなものはもちろん、URLや電話番号などの項目を追加することも可能です。

必要に応じてカスタマイズしましょう。

「Tiny MCE Advanced」は、ビジュアルエディタの機能を拡張してくれるプラグインです。

ブログは、内容はもちろんですが、最後まで読んでもらうためには、視覚面からのアプローチがとても大切です。

そのため、重要な文を装飾して目立たせたり、画像を挿入して見やすくするなど、閲覧者の立場に立った工夫が必要です。

「Tiny MCE Advanced」 は、HTMLの知識が無くても、文字の大きさやフォントの変更、テーブルの挿入、動画の埋め込みなどが手軽にできるので、見やすさに特化したブログ作りに一役買うこと間違いなしでしょう。

旧エディターに戻せる「Classic Editor」と文字の一括変換が可能な「Search Regex」

「Classic Editor」は「WordPress」の旧エディターです。

「Word」に近い操作で記事が書けるので、根強い人気があります。

「WordPress5.0」以降は「Gutenberg Editor」が導入されたため、インストールや更新をすると強制的に切り替わります。

「Gutenberg Editor」は、見出し、本文、画像などが全てブロック単位に分かれているため、ブロックごとに設定を変更したり、追加したりしながら全体を組み立てていく作り方が特徴のエディターです。

そのため、以前の「WordPress」や「Word」を使い慣れた人には「Classic Editor」の方が使いやすいかもしれません。

「Classic Editor」有効化の後でも「Gutenberg Editor」への切り換えが可能なので、まずはどちらが使いやすいか試してみると良いでしょう。

「Search Regex」は、ブログ内の文章やURLの検索や変更が手軽にできるプラグインです。

例えば、多くの記事の中から特定の文章を検索したり、複数書かれた同じ単語やURLを一括変換するなど、時間や手間のかかる作業を瞬時に行えるので大変便利です。

特に記事数が増えると必要になることが多いプラグインなので、今のうちに入れておくことをオススメします。